トライオートETFの実現損益(2022/9/12週)

目次

今週のトライオートETFの実現損益

2022年9月12日の週の実現損益は、122,444円でした!

こんにちは、しゅうく(@syuukuETF)です。

2020年10月から、ナスダック100トリプル(TQQQ)で、トライオートETFを運用しています。

現在の運用資金などは、以下のようになってます。

2020年11月~2022年8月の運用実績

【運用資金】証拠金元本1,150万円+運用開始からの累計利益411万円1,561万円

【月間平均利益】累計利益411万円/22ヶ月=月平均18.70万円

【元本に対する平均年利(月換算)】月平均18.70万円×12ヵ月/証拠金元本1,200万円×100=18.70%

今週分の利益の年利

122,444円 ×52週/証拠金元本1,150万円×100=55.36%

しゅうく

9月頭に、義母からの借金の一部(50万円)を返しました
トライオートETFから50万円を出金したので、証拠金元本が先々週の1,200万円→1,150万円に減ってます

インヴァスト証券「トライオートETF」

曜日ごとの実現損益

 TQQQ
(自動)
TQQQ
(ロング)
TQQQ
(ショート)
合計
9/12(月)0円0円0円0円
9/13(火)0円0円81,420円81,420円
9/14(水)0円0円0円0円
9/15(木)0円0円8,265円8,265円
9/16(金)0円0円32,759円32,759円
合計0円0円122,444円122,444円

9/13の米国CPI(消費者物価指数)発表後、

さらに9/16のミシガン大学消費者信頼感発表後にTQQQは下げたので、そこでショートを利確しました。

自動売買の利益は24週連続ゼロです。

今週のナスダック100トリプル(TQQQ)のチャート

  • 高値 31.24ドル
  • 安値 23.88ドル
  • 差異 7.36ドル

9/13の米国CPI(消費者物価指数)発表を受けて窓開けの下げでしたが、ここ最近下げスタート後さらに少し下げて上がることが多かったので、寄りと同時にいくつかショートを利確しました。

ですが、その後もしっかり下がっていったので、勇み足でした。

しゅうく

多分4~5万円稼ぎ損ねた

翌9/14には上がるかもと思い、9/13引けでもショート利確しましたが、その後2日間は大きな動きはなく。

9/16のミシガン大学消費者信頼感で、1年後と5年後の期待インフレ率が改善されたため、引けまでにさらに下がらないだろうと思い、そこでショート利確しました。

現在のトライオートETF(TQQQ)の設定

裁量トレードについて

ショート(売り)の指値

2月頃から、トライオートETFのTQQQは、ショート(売り)裁量がメインの手法になってます。

手法といっても単純で、利確幅0.5ドル間隔で30口ずつ、指値で設定するだけです。

ショート(売り)の成行

先々週あたりから、成行で注文することも始めました。

しゅうく

利確幅0.5ドルずつで設定する意味がないような気がしてきて

2重ポジション戦略(下落時想定)

その他にも、さらに下げていくことを想定し、「利確しながらも同じポジションを再度とっていく」という手法を試してます。

例えば、24ドルに新規ショート発注→すでに持っていた24ドルのポジションを利確、といった感じです。

なぜこんなことをするかというと、30ドル以下のポジションは、ほとんどが6~7月にとったポジションのため、金利がかさんできてるんですね。

なので、金利がかさんだほうを利確し、同じとこにまた新規でポジションをとるという、入れ替え戦法なのです。

こうすれば、同じ24ドルに2ヵ所ポジションがあることになり、「もっと下がってから利確しよう…ああ上がっちゃった!」みたいな取りこぼしも減るかなーと思ってます。

そのかわり、1ヵ所利確してももう1ヵ所は残ったままなので、やはり下落を想定してるからこその手法です。

致し方なくやらざるを得ない手法なので、万人にはオススメしません。

チャート追随型

これはまだ始めてないのですが、一言で言えばデイトレです。

現在はポジションを取っても数日~数ヵ月寝かせて、いいところまで来たら利確する手法ですが、それだとどうしても含み損を抱えるリスクが大きくなります。

なので、一日の利益が少量でも、チャートの流れに沿ってその日のうちに利確するのを試してみたいなーと思ってます。

しゅうこ

うん、デイトレだね

自動売買について

自動売買については、1月に大きな損切りをしたものの、まだ82.75~90ドルの高値ポジションは残ったままです。

24週連続で自動売買での決済がなく、ポジションを減らせませんでした。

4月に仕掛けた42.4~51.8ドルのロング120口が塩漬けになっており、有効比率を圧迫しています。

それよりなにより、82.75~90ドルの高値ポジションがとても大きな重しになっており、含み損は1,250万円まで増えてしまってます。

まとめ

トライオートETFでのTQQQの運用が、自動売買ではなくショートの裁量トレード中心になって、半年以上がたちました。

昨年分の住民税の支払いが残り約25万円、管理人の妻の親からの借金も合計250万円残ってます。

加えて派遣勤務という、不安定な収入しかありません。

トレードでもなんでもやって、なんとか退場しないよう、食らいついていくしかありません。

来週はFOMCもありますし、また大きく相場が動くかもしれません。

メンタルがもってるのが不思議な状況ですが、壊れない程度に、今後もがんばりまーす。

よろしければTwitterのフォローもお願いします!


にほんブログ村 株ブログ 株 その他投資法へ


無料で口座開設!トライオートETFの口座開設は下のバナーをポチっとな!

インヴァスト証券「トライオートETF」

GMOコイン インヴァスト証券 イーロン・マスク セミリタイア ナスダック100 ビットコイン マネーショート マネーリテラシー 不労所得 仮想通貨 全米株式 口コミ 感想 投資 暗号通貨 楽天経済圏 自動売買 見てみた 資産形成 資産運用 金融株トリプル

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2022年3月末で仕事を退職→セミリタイア(のようなもの)を達成寸前で米国株暴落

1,200万円以上の損切りを経て、セミリタイアどころか転職活動をするハメになった、アラフィフです。

懲りずにセミリタイア目指します。

コメント

コメントする

目次