トライオートETFの実現損益(2022/10/31週)

目次

今週のトライオートETFの実現損益

2022年10月31日の週の実現損益は、48,040円でした!

こんにちは、しゅうく(@syuukuETF)です。

2020年10月から、ナスダック100トリプル(TQQQ)で、トライオートETFを運用しています。

現在の運用資金などは、以下のようになってます。

2020年11月~2022年10月の運用実績

【運用資金】証拠金元本1,116万円+運用開始からの累計利益▲226万円890万円

【月間平均利益】累計利益▲226万円/24ヶ月=月平均▲9.4万円

しゅうく

トータルでマイナスになったので、先月まで表記してた「元本に対する平均年利」の表記はやめました

しゅうこ

2年間、毎月10万円近く寄付してきたのね…

今週分の利益の年利

48,040円 ×52週/証拠金元本1,116万円×100=22.38%

インヴァスト証券「トライオートETF」


曜日ごとの実現損益

 TQQQ
(自動)
TQQQ
(ロング)
TQQQ
(ショート)
合計
10/31(月)0円1,174円0円1,174円
11/1(火)0円0円4,668円4,668円
11/2(水)0円0円29,303円29,303円
11/3(木)0円0円12,895円12,895円
11/4(金)0円0円0円0円
合計0円1,174円46,866円48,040円

今週のナスダック100トリプル(TQQQ)のチャート

  • 高値 22.04ドル
  • 安値 17.06ドル
  • 差異 4.98ドル

2週間ぶりの利確です。

11/2(水)27:00のFOMCで、今後の利上げ幅は鈍化していくことの示唆があったのでTQQQはドーンと上げました。

しかしその直後、ターミナルレート(利上げ最終着地点)は高くなるだろうという発言があり、ドーンと下げました。

11/3(木)ISMサービス業景況指数を受けてショートを全て利確し、ロングを少し入れました。

11/4(金)雇用統計の発表後は、上がったり下がったりで終了しました。

自動売買の利益は31週連続ゼロです。

現在のトライオートETF(TQQQ)の設定

裁量トレードについて

ショート(売り)の指値

2月頃から、トライオートETFのTQQQは、ショート(売り)裁量がメインの手法になってます。

手法といっても単純で、利確幅0.5ドル間隔で30口ずつ、指値で設定するだけです。

10月に入ってからのTQQQは20ドルを下回っているので、ショートを仕掛けるのをためらってしまう地合です。

ショート(売り)の成行

9月から、成行で注文することも始めました。

しゅうく

利確幅0.5ドルずつで設定する意味がないような気がしてきて

チャート追随型

一言で言えばデイトレです。

現在はポジションを取っても数日~数ヵ月寝かせて、いいところまで来たら利確する手法ですが、それだとどうしても含み損を抱えるリスクが大きくなります。

なので、一日の利益が少量でも、チャートの流れに沿ってその日のうちに利確するというのを試してます。

ボリンジャーバンドの中央線を上抜けたらロング、下抜けたらショートを基本で考えていますが、トレンドに勢いがなければ様子見してます。

売り建玉「金利無料」キャンペーン(トライオートETF)

10月~12月は、トライオートETF(TQQQ)で、ショートの金利無料キャンペーンをやっています。

通常、トライオートETFのショートの金利は多額になりますが、無料なら気軽に始められますね。

とはいえ現在のTQQQは20ドル以下という安値なので、始めるならよく検討されてからがいいと思います。

インヴァスト証券「トライオートETF」

自動売買について

先々週までは、以下のポジションを保有してました。

  • 90ドル~82.75ドル(口数1,360)
  • 51.75ドル~42ドル(口数120)
  • 合計口数1,480

先々週から先週にかけての680万円の損切りで、ポジションは以下のようになりました。

  • 90ドル~86.75ドル(口数730)
  • 51.75ドル~42ドル(損切りしたためナシ)
  • 合計口数730

チャート上部の、横に伸びる赤い線が、まだ残ってる90ドル~86.75ドルのポジションです。

この部分だけでも、含み損は759万円(2022年11月5日現在)もあります。

せめて3月のラリーの時に全損切りしてれば…と思いますが、そうしてたとしても、同じ失敗を繰り返してた可能性が高いです。

そのあたりのことは以下の記事にも書きましたので、ご参照ください。

デイトレならGMOクリック証券がオススメ

トライオートETFのスプレッドは、TQQQの場合0.41と大き過ぎて、ポジションを取ることすら躊躇してしまいます。

以前から、スプレッドの小さいGMOクリック証券に資金を移すことを検討しています。

GMOクリック証券にはナスダック指数に該当する「米国NQ100」や、その10分の1の資金で運用できる(損益も10分の1)「米国NQ100ミニ」があります。

ETFも、TQQQに該当する「NQ100ブル3倍ETF」という商品があります。

トライオートETFでの「原油ETF」のスプレッドは0.45ですが、GMOクリック証券の「WTI原油」のスプレッドはわずか0.03。

しゅうく

なんでこんなに差があるんだ

トライオートETFは明らかな上昇相場であれば大きな利益が出せますが、スプレッドが大き過ぎてデイトレには向いてません。

GMOクリック証券の極小スプレッドであれば、損切りもあっさりできそうで、デイトレ向きだと言えます。

まとめ

今週はイベント盛りだくさんで、その都度値動きがありました。

来週は米国中間選挙(11/8)、CPI米消費者物価指数(11/11)と、重要イベントが続きます。

一喜一憂するのにも疲れてきましたが、コツコツ利益を出せるよう、がんばりまーす。

よろしければTwitterのフォローもお願いします!


にほんブログ村 株ブログ 株 その他投資法へ


無料で口座開設!トライオートETFの口座開設は下のバナーをポチっとな!

インヴァスト証券「トライオートETF」

GMOコイン インヴァスト証券 イーロン・マスク セミリタイア ナスダック100 ビットコイン マネーショート マネーリテラシー 不労所得 仮想通貨 全米株式 口コミ 感想 投資 暗号通貨 楽天経済圏 自動売買 見てみた 資産形成 資産運用 金融株トリプル

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2022年3月末で仕事を退職→セミリタイア(のようなもの)を達成寸前で米国株暴落

1,200万円以上の損切りを経て、セミリタイアどころか転職活動をするハメになった、アラフィフです。

懲りずにセミリタイア目指します。

コメント

コメントする

目次