月次実績報告【2022年9月】

目次

トライオートETFの月次報告

2022年9月の実績は、328,226円でした!

週ごとの実現損益

 TQQQ
(自動)
TQQQ
(ロング)
TQQQ
(ショート)
合計
9/1-9/20円0円38,513円38,513円
9/5-9/90円0円7,966円7,966円
9/12-9/160円▲2,361円124,805円122,444円
9/19-9/230円0円40,856円40,856円
9/26-9/300円▲1,747円120,194円118,447円
合 計0円▲4,108円332,334円328,226円

これまでの実績合計

 TQQQFAS原油ETF合計月平均
2020年(11~12月)765,563円なしなし765,563円382,781円
2021年(1~12月)6,628,118円600,031円なし7,228,149円602,346円
2022年(1~9月)▲3,569,211円なし18,198円▲3,551,013円▲394,557円
累計(2020年以降)3,824,470円600,031円18,198円4,442,699円193,161円

プラス部分のみの結果(2022年)

2022年TQQQ原油ETF合計
1月141,374円141,374円
2月79,765円79,765円
3月52,306円13,270円65,576円
4月212,860円212,860円
5月167,800円167,800円
6月260,291円4,928円265,219円
7月76,942円76,942円
8月146,420円146,420円
9月328,226円328,226円
合 計1,465,984円18,198円1,484,182円
月平均164,909円

9月のナスダック100トリプル(TQQQ)のチャート

  • 高値 31.24
  • 安値 19.63
  • 差異 11.61

TQQQは8月後半からの下落後、9月前半に一旦30ドルを超えました。

しかし9/13の米国CPI(消費者物価指数)、9/21のFOMC後にガツンと下落。

9月最終週には、とうとう20ドルを割りました。

管理人のトライオートETF(TQQQ)は、以下の自動売買のポジションが、いまだに拘束されたままです。

  • 90~82.75ドルに、買いポジション1,360口
  • 51.8~39ドルの間に、買いポジション120口

「51.8~39ドルの間の買いポジション120口」は、ナンピン買いに見事にハマってしまってます。

10月もどうなるかわかりませんので、損切りが必要であれば実施する予定です。

つみたてNISAの月次報告

2020年8月から、楽天証券楽天VTI(楽天・全米株式インデックス・ファンド)つみたてNISAで運用しています。

損益率は、8月の24.87%から、9月は18.95%と大きく落ちました。

満額の月33,333円を楽天カード払いで積み立て、うち楽天ポイントを1ポイントだけ設定してますが、リアルで3月末の退職→派遣で入金力低下、資産運用では計500万円の損切りとダブルで底を打ちそうなため、現金(キャッシュ)がピンチです。

そのため、7月から月々3,000円の積み立てに変更しました。

妻の分のつみたてNISAも同様に月33,333円→3,000円に変更し、オルカン積立も16,667円→3,000円に変更しました。

これで月75,000円ほど、現金確保です。

しゅうく

ほんとはこんな下落相場こそ、
満額積み立てたい

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)積立

楽天証券で、2021年6月から積立開始しました。

損益率は、8月の5.40%から、9月は▲0.22%とマイナスへ。

楽天証券では月50,000円まで楽天カード引き落としで購入できますが、つみたてNISAで毎月33,333円を楽天カード引き落としで設定してるので、残り16,667円をeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)で積み立てていく設定です。

しかし、つみたてNISA同様、7月から月々3,000円の積み立てに変更しました。

iDeCo

今年の3月末で退職した会社では、企業型確定拠出年金(DC)を15年間、運用してました。

退職後、松井証券 個人型確定拠出年金(iDeCo)に切り替え、運用しています。

商品は、「Slim/全世界株(日本含む)」を選択しています(いわゆるオルカン)

DCは会社が毎月15,000円ほど拠出してくれてましたが、iDeCoでは拠出(積み増し)はせず、そのまま放置しています。

2022年10月1日時点の実績は、以下のようになってます。

先月(9月1日時点)の評価損益が40万円弱だったので、かなり減ったことになります。

企業型確定拠出年金(DC)にはオルカンがなく、内訳がわかならい「海外株式」という商品名を選択せざるを得ませんでした。

DCの「海外株式」から「Slim/全世界株(日本含む)」に切り替えたことにより、評価損益にどういう影響があるのか、来月以降も要観察です。

iDeCoを始めたい方は、松井証券がオススメです!

暗号通貨(仮想通貨)ガチホ

2021年5月から、以下のことを始めました。

  • BinanceでHBARを2.3BNB分(購入時8万円分ぐらい)で3,307HBAR購入
  • UniswapでDOVを1ETH分(購入時38万円ぐらい)で57,589DOV購入

税金がめんどくさいので、税制改正されるまで放置です。

まとめ

現在の運用をまとめると、以下のようになります。

  1. 自動売買(トライオートETF) 生活費系
  2. インデックス投資(つみたてNISA他) 老後の資金系
  3. 仮想通貨(BTC積立、DOV、HBAR) 宝くじ系

8月末のジャクソンホール会議でのFRBパウエル議長の発言以降、9月も引き続き株価は下落傾向です。

ジャクソンホールのパウエル講演和訳全文(出典:マネリテ!)

インフレが鈍化する兆しがなかなか見えてこず、やきもきする日々です。

生き残るためにできることを今後も考え、目を凝らし、情報も精査していきたいです。

よろしければTwitterのフォローもお願いします!

無料で口座開設!トライオートETFの口座開設は下のバナーをクリック

インヴァスト証券「トライオートETF」
にほんブログ村 株ブログ 株 その他投資法へ

GMOコイン インヴァスト証券 イーロン・マスク セミリタイア ナスダック100 ビットコイン マネーショート マネーリテラシー 不労所得 仮想通貨 全米株式 口コミ 感想 投資 暗号通貨 楽天経済圏 自動売買 見てみた 資産形成 資産運用 金融株トリプル

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2022年3月末で仕事を退職→セミリタイア(のようなもの)を達成寸前で米国株暴落

1,200万円以上の損切りを経て、セミリタイアどころか転職活動をするハメになった、アラフィフです。

懲りずにセミリタイア目指します。

コメント

コメントする

目次