トライオートETFの実現損益(2022/2/21週)

目次

今週のトライオートETFの実現損益

2022年2月21日の週の実現損益は、11,930円でした!

こんにちは、しゅうく(@syuukuETF)です。

2020年10月から、ナスダック100トリプル(TQQQ)で、トライオートETFを運用しています。

現在の運用資金などは、以下のようになってます。

2020年11月~2022年1月の運用実績

【運用資金】証拠金元本900万円+運用開始からの累計利益370万円1,270万円

【月間平均利益】累計利益370万円/15ヶ月=月平均24.66万円

【元本に対する平均年利(月換算)】月平均24.66万円×12ヵ月/証拠金元本900万円×100=32.88%

今週分の利益の年利

11,930円 ×52週/証拠金元本900万円×100=6.89%

インヴァスト証券「トライオートETF」

曜日ごとの実現損益

 TQQQ
2/21(月)休場
2/22(火)11,930円
2/23(水)0円
2/24(木)0円
2/25(金)0円
合計11,930円

2/21(月)は、アメリカは「大統領の日」でお休みでした。

利益が出たのは2/22(火)だけでしたが、これは1/28に51.5ドルぐらいで仕込んだショート(空売り)が、IFDで自動的に利確になったものでした。

今週のナスダック100トリプル(TQQQ)のチャート

  • 高値 52.15ドル(分割前104.30ドル)
  • 安値 41.83ドル(分割前83.66ドル)
  • 差異 10.32ドル(分割前20.64ドル)

ロシアのウクライナへの侵攻の情報が流れた今週は、週の頭から1/24の安値をあっさり割り込んでました。

侵攻が現実になってしまった2/24(水)、大きく下がって市場オープンでしたが、その後は上昇を続けました。

50ドルぐらいで仕掛けたショートをあと90口持っており、2/24(水)のオープン時に利確すれば9万円の利益になってましたが、さすがにその後上がるとは思えず静観してしまいました。

さらに買いを仕掛けることもできなかったため、結局利益ゼロに終わりました。

現在のトライオートETF(TQQQ)の設定

1月に大きな損切りをしたものの、まだ82.75~90ドルの高値ポジションは残ったままになってます。

しゅうくオリジナルのロスカットレート計算表では、82.75~90ドルの高値ポジションと、今のレンジで稼働させた65.25~56.5ドルのポジションを合わせたうえで、ロスカットレートは24ドルです。

もし65.25~56.5ドルを稼働させてなければ、ロスカットレートは17ドルです。

ロスカットレート17のままにしていれば当面は安全かもしれませんが、証拠金積み増し狙いで、65.25~56.5ドルを少量で稼働させてます。

まとめ

1月の大きな損切り後、半手動で運用を続けてます。

裁量が下手なのは自分でもよくわかってるのですが、今週のような下落局面で指をくわえて見てるだけというのは、やはりツラいものがあります。

とはいえ損切り時の恐怖感はまだ鮮明に残ってますので、無理をせず、相場と付き合っていきたいです。

しゅうく

今は就職活動がメインでもあるしね

よろしければTwitterのフォローもお願いします!


にほんブログ村 株ブログ 株 その他投資法へ

無料で口座開設!トライオートETFの口座開設は下のバナーをクリック

インヴァスト証券「トライオートETF」

GMOコイン インヴァスト証券 イーロン・マスク セミリタイア ナスダック100 ビットコイン マネーショート マネーリテラシー 不労所得 仮想通貨 全米株式 口コミ 感想 投資 暗号通貨 楽天経済圏 自動売買 見てみた 資産形成 資産運用 金融株トリプル

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2022年3月末で仕事を退職→セミリタイア(のようなもの)を達成寸前で米国株暴落

1,200万円以上の損切りを経て、セミリタイアどころか転職活動をするハメになった、アラフィフです。

懲りずにセミリタイア目指します。

コメント

コメントする

目次