なぜセミリタイアしたいのか?

目次

どうしてもセミリタイアしたい理由

こんにちは、しゅうく(@syuukuETF)です。

みなさんのセミリタイアしたい理由はなんですか?

ここのところ、Twitterでも「なぜセミリタイアするのか?その先を考えてるのか?目的が手段になってないか?」系の論調をちょくちょく見るようになりましたが、

しゅうこ

他人のことなんだから
ほっとけばいいのにね

しゅうく

こら!
キャラ使って本音を言うへっぴり腰な
管理人だと思われるじゃないか!

僕自身を振り返って改めて考えてみると、とにかく会社に縛られたくない、朝起きる時間ぐらい自分で決めたい、休日に仕事の電話がかかってくるのに耐えられない、毎朝ヒゲを剃るのが面倒だ、盗んだバイクで走りだしたい、などなど後ろ向きな理由ばかりです。

セミリタイア狙いに関しては、後ろ向きでネガティブな動機というのは必ずしもよくないことだとは思いませんが、大きな理由がひとつ見つかりました。

それは「生活をしたい」ということです。

セミリタイアを考え始めたきっかけ

数年前、ノロウイルスにかかり、2週間自宅待機になったことがありました。

電話に出ることはできますが、なにしろ外出禁止なので、なにか仕事上のトラブルがあったとしても、対応することができません。

その2週間のあいだ、起きる、ゲームする、ご飯を食べる、動画見る、スーパーに買い物に行く(あ、外出してる)、たまに掃除する、ご飯を食べる、お風呂入る、寝る、みたいな日々を過ごしました。

元々超がつくインドア派で、一日中家にいても全く苦にならないのですが、この時も全然飽きることなく、2週間ほぼ同じ毎日を過ごしました。

なにひとつ無理や違和感がなく、全てが当然のこととして感じられました。

これなんです!

なにも難しい理由はなく、単に「生活をしたい」というだけなんです。

多分、ノロウイルスでただひたすら自宅待機をした2週間の記憶が強く静かに残っていて、2週間という期限付きではなく、一生こうやって過ごしたいというのが、セミリタイアへ向かう原動力なんだと思います。

広い家に住みたい、世界を旅してまわりたい、オーロラを見たいなど、大きめの夢(僕にとっては)がないことはないです。

でもなによりも、「自由に暮らしたい」というのが、一番の目標です。

すべての時間を自分の好きなように使う・・・なんて素敵なのだ!

そう想像するだけで、すでにそういう自由な生活に足を踏み入れてるんだなと思います。

セミリタイアへ向けての行動

ぐだぐだとひとり語りをしてしまいましたが、セミリタイアに向けてどうしても必要なのがお金です。

「自由な暮らしがしたい!」と思い立って、次の日から会社に行かないというわけにはいかなかったのです。

2024年12月を目標に、セミリタイアする予定です。

そのための具体的な行動として、以下のことを実践しています。

  • 節約
  • 投資
しゅうこ

え、これだけ!?

しゅうく

や、僕もそう思った

STEP
節約

支出を減らす

STEP
投資

お金を増やす

書き方を変えても同じです。

何か忘れてる気もしますが、多分これだけです。

そのためには勉強も必要になります。

「セミリタイアするんだ!」と決めてから、2ヵ月で15冊ぐらいの本を読み、たくさんの動画を見ました。

最初に読んだのが、ロバート・キヨサキの「金持ち父さん 貧乏父さん」でした。

今でも本は読んでますし、動画も見ますし、Twitterで情報収集してます。

多分勉強の日々は終わることがないでしょうし、正直勉強することはムチャクチャ楽しいです。

会社に行くのは今でも心の底からイヤですが、「あたし今勝負パンツはいてるのよ」状態(伝われ!)で、そこそこ気が楽です。

まとめ

あとは継続あるのみ。

地味な毎日ですが、楽しく生きてます。

現在の僕の投資方針については、以下をご参照ください。

他にもいろいろありますよ!


にほんブログ村 株ブログ 株 その他投資法へ

よろしければTwitterのフォローもお願いします!

GMOコイン インヴァスト証券 イーロン・マスク セミリタイア ナスダック100 ビットコイン マネーショート マネーリテラシー 不労所得 仮想通貨 全米株式 口コミ 感想 投資 暗号通貨 楽天経済圏 自動売買 見てみた 資産形成 資産運用 金融株トリプル

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2022年3月末で仕事を退職→セミリタイア(のようなもの)を達成寸前で米国株暴落

500万円以上の損切りを経て、セミリタイアどころか転職活動をするハメになった、アラフィフです。

懲りずにセミリタイア目指します。

コメント

コメントする

目次
閉じる