退職の意思を会社に伝えて3日たった結果

こんにちは、しゅうく(@syuukuETF)です。

会社に退職することを告げてから3日経過。初の週末を過ごしました。

この3日間の間に思わぬ心境の変化があったため、こうして筆をとった次第です。

念のため言っておきますが、筆

しゅうこ

言わなくていいよ

というのもまずは退職を告げた金曜日、帰宅途中に気付いたのは、

「あれ?なんか気が楽になってる」

会社にいる間は、「意外となにも変化がないな」と思ってたのですが、最初の心境の変化は「気が楽になってるな」ということでした。

そして土曜日。

朝起きてしばらくして気付いたのが、

「会社のことがすでに過去のことになってる」

これには少しびっくりしました。

いくらなんでも早すぎるだろうと。

でも実際に、会社のことを思い浮かべ、「ああ、そういえば昔こんな会社行ってたな」と、ナチュラルに懐古モードになってしまってたのです。

元々切り替えが早いほうではありますが(注:恋愛系をのぞく)、あまりの変わり身の早さに自分でも笑ってしまいました。

あと、たまにチラッと「仕事関係の電話がきてるかな?」と会社スマホを見たりしましたが、以前なら会社スマホを見る前に「なにも来てませんように!」と祈るような気持ちだったのが、個人スマホを確認する時のように普通でした。

ちなみに会社からは「会社スマホは土日であってもすぐ出られるようにしておけ」という超絶ブラックな指示を受けていますが、僕は守ってません。

以前毎週土曜の朝7時に電話してくるおっさんや、酔っ払って毎日のように夜電話してきてグチを言うおっさん(ひどい時は深夜1時ぐらいまで)がいたりしたのですが、そういうおっさんに誠実に対応してもなにもいいことはなかったので、それ以来帰宅後会社スマホはバイブにしておき、さらに20時以降はおやすみモードにして着信すら残らないようにしてます。

そのせいでトラブルになったのは、15年勤務してきて2回しかなく(そのうちブログに書こう)、問題ないと判断してます。

そして昨日の日曜日。

先週まで日曜日といえばお昼過ぎたあたりからもう憂鬱になり、18時過ぎたあたりから胸のあたりがぎゅーっと押されるような、なんともいえない圧を感じてました。それは寝る時間まで続くので、日曜日は眠りにつくのが大変でした。

それなのに昨日の日曜日の21時を過ぎても、この

「 胸のあたりがぎゅーっと押されるような圧を感じてない」

のです!

なのであえて意識的に仕事のことを考えてみたところ、ちょっとドキドキしてきましたが、それはワクワクに近いドキドキであって、押しつぶされそうな苦しいドキドキではありませんでした。

まだ僕は退職したわけではなく、単に「退職します」と会社に告げただけなのに、これは驚きの効果です。

もしかしたらこれは今週だけで、来週以降元に戻るかもしれません。

それにしても 「 胸のあたりがぎゅーっと押されるような圧を感じてない」 というのは、とても素敵なことだわー!

「退職します」ということを告げただけなのに、こんなに楽になれるとは(しかも早い)

でもまだ最初の週末をクリアしただけなので、この心境の変化を信用できてません。

引き続き、注意深く自分を観察していきたいと思います。そして今後もリアルに、盛ることなく伝えていければと思います。

来週もこうだといいなー。

よろしければTwitterのフォローもお願いします!


にほんブログ村 株ブログ 株 その他投資法へ

GMOコイン インヴァスト証券 イーロン・マスク セミリタイア ナスダック100 ビットコイン マネーショート マネーリテラシー 不労所得 仮想通貨 全米株式 口コミ 感想 投資 暗号通貨 楽天経済圏 自動売買 見てみた 資産形成 資産運用 金融株トリプル

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2022年3月末で仕事を退職→セミリタイア(のようなもの)を達成寸前で米国株暴落

500万円以上の損切りを経て、セミリタイアどころか転職活動をするハメになった、アラフィフです。

懲りずにセミリタイア目指します。

コメント

コメントする

目次
閉じる